切れ味確認!!

包丁の本場堺で切れ味確認して購入


調理に使用する道具は多くありますが、毎回必ず使用する道具といえば包丁です。肉や野菜といった材料を切るときには毎回調理用の刃物を使用することになりますので、調理用刃物はいいものを購入することを検討してもいいでしょう。

包丁には多くの種類があり、牛刀、柳刃、薄刃などといった種類があり、それぞれ肉、野菜、魚を切るときに使用するというようにその用途が定められています。そのため調理の専門家などは用途に合わせて使い分けるのが普通ですが、これは素人にとっては面倒ですし、こういった包丁は手入れを怠るとすぐに切れなくなってしまいますので、扱いが非常に難しいことになります。そのため素人の方は万能包丁を一本持っていれば十分ですし、実際そのような方が多いと思われます。
万能包丁というのは刀身が分厚くなっており、体重をかければどのようなものでも切ることができますので、肉野菜を問わず色々なものを着ることができます。さらにほとんどのものが特殊な加工がなされていますので手入れを怠ったとしても切れ味が悪くなるということはありません。
さらに先端が丸まっているので誤って手にあたってしまったという時でも手が切れることはほとんどありません。この包丁の欠点としては先が丸いため技巧的な切り方ができないということ、刀身が短いために大きなものはすぐには切れないということ、長年使いこむとすぐに切れ味が悪くなるということです。そのため料理の専門家の方はこういったものは使用しません。
プロである場合には牛刀を使用することが多いです。これは刀身が長くまた先端がとがっていますので、大きなものでも一気に切るということが可能になりますし、切り込みや筋霧といった技巧的な切り方が可能になってきます。さらにこういった包丁でもホームセンターへ行けば一般1000円から3000円という価格で購入できますので、簡単に購入できますがこの程度のものは切れ味が悪いことが多いので、一生使い続けることはできません。

いいものを探すというときには包丁の本場である堺で購入するのがいいです。堺ではいいものから悪いものまで包丁がさまざまに集まっていますし、その出来栄えを確認してから購入することをお勧めします。
こちらにある牛刀であれば一本10000円することが普通ですが、その代わり一生使い続けることができますので、手になじんだ道具がほしいという方にとってはいいと思われます。

Copyright© 2014堺の包丁が選ばれているホントのワケ知っていますか? All Rights Reserved.