堺のプロ用

堺のプロ用おすすめ包丁について


包丁は調理の際には必ず使用するものですので、料理に自信がある方から特に興味のない方まで、そのレベルや目的に合わせて自由に道具を選ぶことが大切です。そしてそういったときには包丁には牛刀・薄刃・柳刃など様々な種類がありますので、便利に選ぶことができます。

料理が初心者の方に肉や野菜専門の包丁を使用させても手入れがめんどくさいだけで使いこなすことはできませんから、そういった方には一般的には万能包丁といわれる三徳包丁を使用することが一番いいです。このタイプは刀身がほかのものと比べて分厚くなっていますので、技術がなくても体重をかけて切ることができます。

さらに先端が丸まっていますので誤って手を切ってしまったという時でも大けがをする心配はいりませんので、料理をこれから始めるという方にとっても安心です。さらにほとんどのこのタイプの包丁は特殊な加工が施されていることが普通ですので、使用した後に手入れを行わなくても切れ味が変わるということがありませんので、素人にも安心かつ手軽に使用することができます。値段も近隣のスーパーで100円程度で販売していますので簡単に購入できます。
難点としては刀身が分厚くまた先端がとがっていないので、切れ味は一般的に悪く技巧的な切り方を行うことはできませんし、特殊な加工は数年でなくなってしまいますので長年使っているとその切れ味が目に見えて落ちてきますので、数年たつと買い替える必要が出てきます。そのためプロの方はこれは使用しません。

料理のプロ用の包丁といえば牛刀といわれるタイプの包丁です。これは先端がとがっているために技巧的な筋切りやグザイに切り込みを入れるということも簡単に行えますし、刀身が長いですので簡単な動作できることができ大きなもので一息で切れるのできれいになります。そのためプロの方にはこういった包丁がおすすめとなります。
こういったものは包丁の本場といわれる堺で購入することができます。堺では昔からいい刃物の職人が集まっているので質のいい刃物が集まるのです。そしてこちらにあるものはどれもプロの方が使用するものですので値段もそれなりにします。最低では一本10000円くらいですがその代わりに手入れを怠らない限り一生使用することができます。

ただこう言ったところのプロ用の抱擁というのは非常に切れ味が鋭いですので、初心者の方が使用すると誤ってけがをしてしまうかもしれませんので、注意してください。

Copyright© 2014堺の包丁が選ばれているホントのワケ知っていますか? All Rights Reserved.