堺には高ランクの包丁

堺には高ランクの包丁が集まります。


包丁は毎日使用する料理の道具ですので、自分の目的や料理のランクに合わせて使いやすいものを選びたいものです。
そういったときには堺の包丁市場が役に立ちます。こちらには腕のいい職人の刃物が集まりますし、全国から集まりますので素人の方からプロの方まで幅広い刃物を購入することができます。しかし堺にはいい包丁が集まるとしてもそれは素人にとって便利であるとは限りません。いい包丁というのは切れ味がいいですが同時にその手入れなどにかかる時間や手間が大きいため、素人にとっては使用することが難しかったりするのです。

素人の方にとって最適な包丁はやはり万能包丁です。正式な名前は三徳包丁というのですが、これはまず刀身が分厚くできていますので、体重をかけてもほかの刃物に比べて折れたりひびが入るということはなく、どのような肉や野菜でも裁断することができます。さらに刃物にはテフロンなどの特殊加工がなされていますので、手入れを怠ったとしても切れ味が衰えるというようなこともありませんので、簡単で手軽です。さらにこれの先端は丸まっていて触っても痛いということはありません。そのため料理の初心者の方やお子さんにはうってつけの製品になります。

欠点としては切れ味がプロのものに比べると劣っているために、料理に慣れてくるとこの包丁では物足りなくなってくることが多いです。さらに先端がとがっていませんので、先端を使用するような切り方を実践することはできず工夫が難しくなってしまいます。さらに加工は数年たつとなくなってしまいますので、その切れ味が一気に落ちることになりますので、ほとんど使い物にならなくなり、買い替える必要が出てきます。

そんな時には堺の市場へ行ってプロ用のものを購入することをお勧めできます。プロ用のものには牛刀と言って一般のものよりも刀身が長く先端がとがっているものがあります。これは刀身が長くなっているために少しの動作で多くのものを切ることができますし、先端がとがっていますのでさまざまな切り方を実践することができます。

しかしこのような包丁は毎日の手入れが重要となってきますので、手入れを怠ると切れ味が訛りますし使い物にはならなくなりますので注意が必要です。その反面手入れさえしておけば一生使用できるほどの切れ味と頑丈さを持っていますので便利です。

また値段も一本10000円から数十万円するものまで様々ですので、必要に応じて購入しましょう。

Copyright© 2014堺の包丁が選ばれているホントのワケ知っていますか? All Rights Reserved.